ペルー/ベレン農園(やや深煎)
ペルー
ベレン農園
やや深煎り 200g 税込 1,650 円
購入数量
商品のご紹介

 ペルーという産地は豊かな土壌と自然環境に恵まれており,アンデス山脈の恩恵を受けたポテンシャルの高い生産地でした。しかしながら経済的な理由から収穫後の処理施設などが整わず,十分な精製,乾燥,選別などが出来ませんでした。また,インフラなども不十分であったために,良い状態で輸送することも難しい産地でした。そのために以前はあまり質の高いコーヒーが算出されることがありませんでした。近年はこうした状況が変化して設備やインフラが整備されるようになったことから,高品質なコーヒーの生産が可能となりました。

 お馴染みとなっております「フェスパ農園」はエクアドルに近いペルー北部のカハマルカ県ハエン郡にありますが,「ベレン農園」はボリビアに近い南部のプーノ県サンディア郡にあります。観光地としても有名なチチカカ湖の近くです。両地域は1000km以上も離れているので気候がだいぶ違うことは容易に想像できると思いますが,これにより味わいの特徴が大きく異なってきます。また,カハマルカをはじめペルーのコーヒー栽培はコロンビアから伝わって来たのに対し,プーノの農業はボリビア経由で伝わった品種や栽培方法が基本になっています。
 比較的赤道に近いフェスパ農園のコーヒーにはしっかりとした酸とボディ感があり男性的な力強さを感じます。一方ベレン農園のコーヒーは,透明感と柔らかな口当たりがありとても女性的な印象です。優しい質感の中に,しっかりとした甘みとほんのり桃のような果実感があります。環境が良いだけでなく収穫や選別がとても丁寧に行われているのがよく伝わります。小規模な生産者ですが,自然環境の保全にも積極的で持続可能なコーヒー生産に取り組んでいます。今後,よりクオリティの高いコーヒーになる可能性が高いと思われます。
 
 

地区 : プーノ県サンディア郡
     アルト・イナンバリ地区ベレン
標高 : 1,730m
品種 : ブルボン,カツーラ
精製 : 水洗式
乾燥 : 天日乾燥